メニュー

呼吸器の病気

呼吸器の主な症状

呼吸器の病気は、喉から気管・気管支、肺にかけて発症します。

  • 咳が長く続いてとまらない
  • 痰がからんでキレが悪い
  • 階段や坂道を上ると息が切れる
  • 息をするとヒューヒュー・ゼーゼーする
  • 息が吸いにくい、または吐きにくい
  • 痰に血が混ざる
  • 胸が痛い

これらの症状は、呼吸器の病気に由来する可能性がありますので、問診や検査を行い診断します。

呼吸器の検査

胸部X線

肺炎や肺がんがないか確認します。

呼吸機能検査

肺活量(息を吸い込む力)、1秒量(息を吐く力)などを測定し、呼吸の障害を確認します。気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺炎などに有用です。

血液検査

炎症反応を測定し、気管支炎や肺炎の程度を確認します。また、肺がんが疑われる場合は腫瘍マーカーを測定します。

喀痰検査

痰の中にいる微生物(細菌など)を確認します。気管支炎、肺炎の診断に有用です。

呼吸器の主な病気

気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支炎、肺炎、肺結核、気管支拡張症、肺がん、間質性肺炎など

当院の治療方針

当院では、患者さんの症状にあわせて問診・検査で正確な診断を行い、治療方針を決定します。最適な治療が選択できるように丁寧な診療を心がけています。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME