メニュー

インフルエンザワクチン予防接種について

インフルエンザワクチンについて

インフルエンザウイルスは様々なタイプがあり、毎年流行が異なります。世界保健機関(WHO)が流行を予測し、それに基づいてワクチンのタイプが決まります。

国内で用いられているワクチンは、A型株(H1N1型とH3N2型)、B型株(山形系統株とビクトリア系統株)の4種類を用いて作られています。

インフルエンザワクチンは不活化ワクチンであり、ワクチン自体は感染力はありません。

 

インフルエンザワクチンの効果

インフルエンザの発症を予防する効果があります。

 

インフルエンザワクチンの接種時期と持続期間

ワクチン接種してから2週間程で抗体ができ、5か月間程効果が続くとされていますが、個人差があります。

 

インフルエンザワクチン接種の費用

65歳未満・・・3500円

(13歳未満は3~4週間あけて2回接種が必要です)

65歳以上・・・1000円

60歳以上65歳未満で心臓、腎臓、呼吸の機能に障害がある、またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害がある人(身体障害者1級相当)・・・1000円

*インフルエンザワクチン接種は予約制ですので、ご希望の方は電話(048-573-7310)または窓口で予約をお願い致します。

 

インフルエンザワクチン接種を受けることができない人

  • 発熱している人(37.5℃以上)
  • 重症な急性疾患にかかっている人
  • 過去にインフルエンザワクチン接種でアナフィラキシーを起こしたことがある人

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME